わきの「チラ見え」視線がコワい

思えば小学校高学年からおおよそ四半世紀、「わきの黒ずみ(&毛)」に悩まされてきた私、36歳女。

小・中学生時代は夏のプール時間がたまらなくイヤで、準備体操も極力腕を上げずに行い、半袖シーズンは授業中、挙手で袖元からわきがあらわになることに極度のためらいを感じ・・・わきが覆い尽くされる秋〜春は、ほんっっと〜に「ホッ…?」と安堵したものです。

短大生になり、ようやく服装の自由を許されたものの、いまだにわきは黒ずんだまま。それどころか、悩みはじめて数年間、無知&しれた金額のおこずかいしか手持ちにないゆえ、無茶な脱毛&ケアを繰り返して、一段と黒さを増したMyわき…。

まわりの“イケてる”女子大生のようにノースリーブが着たい!オシャレがしたい!という欲求がムクムクと湧き上がってきました。

そしてバイトで貯めたおこずかいで、ついに脱毛サロンデビューしたハタチの夏。
当時は今のように脱毛サロンが溢れるほどある、という感じではなく、どちらかというとまだ先駆け的な感じでした。
ましてやココは片いなか…もちろん、代金もなかなかの、でした。わきとひざ下で10万円弱の支払いでした、しかもたった2年保証で(泣)それでも、だんだんと薄らいでいく毛&黒ずみに「もう夏だって腕をあげられる!」「挙手だってできる!(もうそんな場はめったにないけど)」長年のコンプレックスまでみるみる薄らいでいく喜びを実感したものです。

しかし施術期間2年を経てしばらく経った頃、「…あれ?何だか…わきが黒い?毛も復活してるし…!」たった2年たらずでは絶滅していなかったMyむだ毛&それにともなう黒ずみ。

藁をもつかむ思いで、当時通っていた化粧品サロンのおねえさんに相談しました。
すると「美白化粧クリームを塗ってみては?」とのことで、即購入。朝晩毎日2回、わきに塗りたくりました。心なしかすこ〜しだけ薄くなった気が…?

そして復活を遂げた「毛」もみるみる増殖してきていたので、再び脱毛サロンのわきプランご契約(今度は違うサロンにて)。
この頃には脱毛サロンも「大人女性の常識」になりつつあったので、リーズナブルに永久保証プランと契約できたのです。お店から提示される来店ペース通りに、いや、ちょっとそれを食い気味なほどハイペースで、通い続けました。

そして2年ほど経った頃。前回別サロンで通っていた甲斐もあってか、悩ましかったわきのことを考えすらしななくていい毎日がやってきました!
そして毛がなくなった上に、数年間無茶な自己流脱毛&ケアをせずお店におまかせしていた甲斐あってか、あんなに黒ずんでいた肌も自然な肌色に変貌を遂げたのです!もう好きな服装ができるんです(今度は「腕の太さ」というストッパーが出現しましたが…)!

”長年の重し”わずらわしいわきの黒ずみ悩みとサヨウナラできて以来、そういう分野でのストレスは皆無です。
改めて考えると、小学校低学年から20代中盤までそんな悩みを抱えていたんだな〜とすっかり忘れていたほどです。

そして現在は、家での作業が大多数を占める自営業者。そういえば美容やオシャレがおざなりだな…夏はノースリーブなファッションを楽しめるべく、腕シェイプを始めねば、だな。


ワキの黒ずみ対策には「ピューレパール」がお勧め!





 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ