長年の脱毛と放置によるわきの黒ずみ

40代前半の主婦で、仕事は現在パートタイムで働いています。

私は長年、セルフ脱毛を自宅でしていた為に脇の下の黒ずみが色素沈着する形になってしまいました。
セフル脱毛は10代の終わりから主にカミソリで行っていました。20代はカミソリに加えて毛抜きを使うことが多かったので、黒ずみに加えて、脇の下にぷつぷつ感も残ってしまいました。
セルフ脱毛の進化によって、カミソリも女性専用の脇の用のシェーバーなども発売された関係で、途中からは以前と比べたらかなりセルフ脱毛もきれいに出来るようになったと感じましたが、以前から出来ている黒ずみやぷつぷつ感はなかなか解消する事は難しかったです。

30代に入ってからはワックス系の脱毛剤を使用する事になって、30代の後半はブラジリアンワックスなど肌に負担の少ないワックス剤も購入が出来るようになったので、黒ずみの悪化はしませんでした。
30代の終わりはあまり問題なくセルフ脱毛を日常的にしていましたが、夏場は脱毛の回数も増えるので、サロンで永久脱毛を受けたと思うようになりました。

仕事の兼ね合いと金銭的なことがクリアできたので、30代の終わりから念願だったサロンで脱毛をしてもらう為にサロンへ通いました。
サロンでの脱もはやはりセフル脱毛とは全く違って、本当にきれいにツルツルになりました。
せっかくツルツルになって無駄毛が無くなったのですから、なんとか脇の下の黒済みを解消したいと考えるようになりました。

そこで私がした脇の下の黒ずみを解消したとあれこれ試して見ました。

まずは脇の下専用のクリームを通販で口コミが良さそうなものを見つけたので購入しました。1日に2回脇の下にクリームをつけるだけで、黒ずみが解消していく商品でした。
確かに若干の効果を感じましたが、お値段が私にとって高かった事と、継続していく必要があることで、一回きりに購入でやめてしまいました。

次は塩3、オリーブオイル4を温めて混ぜ合わせてクリーム状にしたものを脇の下にすり込んでスクラブします。
1分程度スクラブしたらお湯で洗い流すと除叙に脇の下の黒ずみが解消されていくとのことでした。
こちらは今でも続けています(週に1回程度)

そして次はボティーソープに一つまみの重曹をいれて脇の下を洗うということもしました。
こちらもそれなりに効果があったと感じています。

結果、長い年月をかけて出来た脇の下の黒ずみをすぐには解消が出来ていませんが、これからも地道にケアをしていくつもりです。


ワキの黒ずみ対策には「ピューレパール」がお勧め!




 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ